2013年07月12日

【性】女性のキレイには「欲求不満」がちょうどいい??(2)


こんばんは。


だいぶ遅めの更新になってしまいました。

…まだ起きている方、いらっしゃいますか??^^;



さて、前回の女性の「性」の話から、
だいぶ間が空いてしまいました^^;


女性のキレイには「欲求不満」がちょうどいい??


というテーマで、今回も

美容⇔セックス

の因果を探っていきましょう。


(お忘れの方も多いと思いますので、
同テーマの前回の記事
 【性】女性のキレイには「欲求不満」がちょうどいい??(1)
をご覧のうえ、お読みください)



さて、前回の他誌の主張の続きは

以下のようなものです。




実際にセックスをするよりも、妄想で欲求をつのらせたほうが身も心も引き締まる。

これが美紀さんの自論です。

「それ以来、今はセックスの数を減らしています。

自分なりのベストペースは、なるべく月に1回。
欲求が高まって、セクシーさに磨きをかけたころ、いざセックス。

この方法は病みつきです」


美紀さんの場合も、脳の刺激による女性ホルモンとの関係が多いに影響を与えているものと思われます。


そもそも、セックスで本当に脳に刺激を与えられているか?

毎回オーガニズムを感じているか?

刺激的な感情移入でセックスしているか?


それを思うと、妄想のほうが刺激的なのかも。


まるで男性のように見る異性すべてがセックス対象に見えてしまう禁欲生活こそ、
意外や意外、女を磨く一番の方法なのでしょうか!


引用元:WOMANJAPAN.COM


さて、モノは言いようで…


結局この人、

月に1回はしているじゃないか^^;


…ということです笑


この他誌記事の主張は

「美容のために必ずしもセックスは必要ない」

というもので、そこには僕もある程度賛成できるのですが、


「だから、妄想だけで十分だ」

というのは大いに反対です。


まず、前回も申し上げた通り、

セックスは美容のためだけにするものではありません。

女性にとって一番のセックスの効用は、


愛されている、必要とされている、女として感じている


という


「精神的な満足感」


だと思っています。


そしてそれは、妄想だけでは不十分です。




ただ逆に大賛成なのが、

欲求不満状態を作り、そこで質の高いセックスをする

ということです。


後半に書かれていた、


・セックスで脳に刺激を与えられているか

・オーガニズムを感じているか

・刺激的な感情移入でセックスしているか



これらを満たす「質の高いセックス」が出来れば、

女性は、本当に綺麗になっていくのではないか

と思っています。


月1回程度、こんな上質なセックスができれば

素敵ですよね。


…そこで、僕のような仕事があるのかなと思っています。
(おおつながった!!笑)


まだ他誌の意見には続きがございますので、

引き続き、このテーマで更新していきますね^^



当店のHPです。
一度ご覧くださいませ。


出張ホストpianissimo

PC・スマートフォンの方はこちら

携帯電話の方はこちら


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、1日1クリックをお願いします^^

にほんブログ村 その他日記ブログ ホスト日記へ
にほんブログ村


よろしくお願いします。


カイ




posted by カイ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
出張ホスト pianissimo ホームページはこちら